2011年11月23日水曜日

本日はKC

日時 平成23年11月23日 めっこの若手2名と、本日はクライミング。
本当は外岩を触りたいんですが、
倉が岳は染みてるのは間違いなし、
雑穀はゲートが閉まり、
黒岩もありかな、
しかし天気予報もグズグズなので、大人しく室内壁でトレーニングと相成る。

2011年11月17日木曜日

MAMMUT PULSE Barryvox

昨年購入した、MAMMUT PULSE Barryvoxですが、昨年使ってみて簡単なインプレを。

【良い点】
①操作が簡単である。
今時のビーコンは大抵操作は簡単であるが、このマムートも使い勝手は良い。左右のボタンで「ハイ」「イイエ」を選択するのだが、操作時に迷うような事も無いと思う。
②捜索範囲が広い
カタログ値ではあるが、60mの捜索が可能。
これは是非、他のビーコンと比較をして検証をしてみたい。

【悪い点】
①ヒラガナ入力に制限がある
「ン」や「゛(濁点)」が入力できないなど、名前入力に困った。会の名前「メッコサンガクカイ」が入力出来ず、「メツコサ□カクカイ」になってしまってる。意味分からんて!
また入力も決して簡単ではない。
②ニッケル充電電池が使用できない
これはメーカーがサポートを謳っているわけでは無いので、「悪い」訳ではない。
しかし、山行毎に単4電池×3本交換、というのはフトコロにも精神衛生上にも良くない。
そこでエネループを試してみた所、最初に起動はしてくれるのだが、じきに電池残量が少なくなり(ニッケル充電池は電圧が低いのだ)、操作が不安定になる。結果使えない。またこれはたまたまなのかもしれないが、エネループ使用時に複数のビーコンを埋めた際、1つは見つけてくれても、2つ目以降を発見してくれない現象が出た。メーカー側の努力を節に願いたい。

またリチウム電池にも対応してないというのも、メーカーさんもうちょっとガンバッテよ、と言いたくもなる。(リチウム電池は初期電圧が高いので、最悪壊れる可能性があるので、試してみる勇気は無い・・・)

エネループを試すが、しばらく使用すると「受信機異常」とエラーが表示される

平成23年11月19日追記
今度、ピープスからリチウム電池対応のビーコンが発売されるそうです。
「PIEPS Vector」
なんと!GPSまで搭載されてます。
しかし価格は79,800円と超お高め。
http://www.pieps.com/ja/avalanche-transceivers/vector



平成23年12月20日追記
岳人の記事で、 MAMMUT PULSE Barryvoxのファームアップがされたと記載されてます。
Ver.3.00 → ver.3.20、(間の3.10はどこに?というのは気になる所)
で、そのトピックスとしてリチウム電池に対応したと記載が!
これは嬉しい。さっそくファームのバージョンアップをしなければ!
Mammut オフィシャルサイトへ

セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。 日時: 平成29年6月10日(土) 場所: 倉ケ岳 メンバー: A瀬、S田、T橋、T原   天気予報では10時から雨予報。 ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。 懸垂のバックアップは、ビレイ...