2012年1月29日日曜日

北陸雪崩講習会 実技

日時:平成24年1月28・29日(土・日)
場所:立山山麓スキー場

この土日は、北陸の労山で共催している「北陸地区 雪崩講習会」でした。
めっこ山岳会からは、講師3名、受講生4名が参加。

ちょうどこの1週間で寒気が入り、新雪がドカッと降りました。
お陰で講習会場である立山山麓スキー場の上部も雪がタンマリ。
断面観察では「新雪」「こしまり雪」「しまり雪」「ざらめ」等の雪が観察できました。

雪崩講習会は、穴掘りで始まり穴掘りで終わります。これは断面観察のピット掘りです。
川田先生から断面観察の講義です。積雪深は2.5m。雪の層を観察するために雪面にスプレーで色をつけてあります。
各班に分かれて、ショベルコンプレッションテストの練習です。ココ大事!!
プロービングの練習です。うーん、なかなかヒットしませんね~
『埋没体験』の為の穴掘りです。
埋没は、「暗いよー、狭いよー、怖いよー」に「息苦しいよー」が加わります。埋まりたくないです。
実技講習の締めは、レスキュー講習班のチームレスキューのデモンストレーションです。
他にも川田先生の講義やら、夜の懇親会(お酒♪)などもありましたが、写真ナシです。

2日間の講習会を終えて、受講生の方も少しは雪崩についての知識・スキル等を身につけられたと思います。知識・スキルは使ってナンボです、ドシドシ山に行って、ドシドシ経験を積んでください。

2012年1月27日金曜日

MAMMUT PULSE Barryvox Firmware 3.2

MAMMUT PULSE Barryvox(マムート パルスバリボックス)のファームのバージョンアップを行いました。
費用は3150円也。これにはデバイスのチェック費用も含まれてるそうです。
Firmware3.0 → 3.2
「3.20」と表示されてます。
「アルカリ」とも表示されるようになりました

詳しい内容はMammutのHPを見てください。

とりあえずMammutのHPから新しい取説(日本語)をダウンロードして一読。

「Rescue-sendモード」などは確かに必要な機能。
ただ取説の「3.1 救助送信モード」の記載がイマイチ分からない。これ、日本語がおかしくないですか?
それに「5.2.4 自動送信(SEND)モード切替」を意図的にオフにしなければ使わない機能ではあります。私はデフォルト値の4分のままに設定しておきます。

リチウム電池が使えるのは嬉しいバージョンアップです。
マムートに大きく感謝!!
近所の大型電気屋さんに売ってなかったので、アマゾンでリチウム電池を購入しました。
単3形リチウム電池です
間違えました(T-T)...
PULSE Barryvoxの電池は単4形ですよ。うっかりミスですよ。
この電池、安くないのに・・・。
明日の北陸雪崩講習会ではリチウム電池を試用できません。残念。


余談ですが、
ファームアップの費用は、3,150円。
並行輸入で購入した場合は、日本の代理店窓口では基本的に受け付けてくれない筈です。
勿論購入した本国に送ればバージョンアップは受け付けてくれますが、輸送費用が掛かります。といった事を考えると、結局は日本で正規品を購入する方が安くなる気がします。
まあ「バージョンアップはしないよ」、「デバイスの動作チェックもいらないよ」、という方には関係は無い話ではあります。

2012年1月22日日曜日

【山行報告】医王山 山スキー

日時:平成24年1月22日
メンバー:単独
山域:医王山


今シーズ、一度も山スキーに行ってない!

もう雪を見てはウズウズしてる毎日であるが、今日も10時から用事。
じゃあそれまでに行ける所に行けばいい!、となると金沢近郊の医王山しかないです。



5:27 夕霧峠への林道入口に車を停めて出発。
まだ真っ暗、ヘッテンを灯して歩くのもいいものです。


6:04 医王の里。照らすあてのない街灯は寂しい
前日のものと思われるトレースが沢山あります。
医王山は地元に愛される近郊のなの山です。



6:27 金沢市もまだお休み中



7:52 夕霧峠に到着です。

シールをはがして滑り出しますが、雪質はカリカリ、林道を太ももをプルプルさせながらボーゲンで下るという山スキーとしては全く価値の無い滑り。
 

8:40 下山。板を片して家に帰ります。


山スキーとしては全く楽しめなかった山行でしたが、今シーズンやっと板を履けたのでヨシとしましょう。
 しかし半年ぶりに板を履くと、TLTの操作も忘れてるもんですねー。歩き始めてしばらくで、なぜか靴がビンディングから外れます。あっ、Walkの固定を上げるのを忘れてた!?うーむ、やはり足慣らしは必要です。

浅瀬

2012年1月14日土曜日

EPI REVOがバラバラ・・・

バラバラのEPI REVO
※最初にお断りをしておきますが、EPI REVOを壊したのは私自身の使用(パッキング)が悪いためであり、EPIの商品自身が悪いわけではありません。これは本当です!!

 先日、上高地に行った際に予備のストーブを使ってお湯を沸かそうとポーチからEPI REVOを取り出した所、ご覧のとおりバラバラに!!
「えーー!?」と思ったが、当然使用出来ず。まあ予備ストーブだったので大きな問題では無かったが、これがメインでの使用であったらと思うとゾッとする。-15℃を下回る中、火気が使用できないとなると、水は無いわメシは食えないわ暖もとれないわで最悪のケースも考えられる。
(たまたま徳沢園でテントを張ってたので最悪小屋に逃げ込めたと言えるが、普段そんな甘っちょろい所でテントを貼る事はまずない。)

ポーチにREVOの袋ごと入れてギュウギュウにパッキングした上、ザックも乱暴に扱ってるわけだから相当なストレスがREVOにはかかってた筈。REVOが悪いわけではなく、私の使い方(管理の仕方)が悪いわけで、他のどんなストーブでも(少なくとも現代の小型軽量をうたうストーブは全て)同じように壊れていただろう。
イヤ、一目で分かるくらい壊れてくれていたから良かったものの、分からない程度に壊れてて、ガスカートリッジを接続した瞬間『ボンッ!』てな事になってたら大事件です。
という事を思い、ここに公表する次第です。
重ねて言いますが、EPI REVOは全く悪くありませんから!

皆さん、ストーブヘッドのパッキングについては気をつけましょう。

なおこのバラバラのREVO、好日山荘に持ち込み、「私の扱いが悪かった」旨も説明をした上でダメ元で修理見積もりをお願いしました。
そうした所、「○,○○○円で新品交換でいかがでしょう」とのメーカーからの回答。
えっ、いいんですか?という安い価格を提示していただけましたので、新品になる事に。
ちなみに私のREVOは、商品発売直後に購入したモノで、現行品はパッキン部が金属パッキンになってます。EPIさん、ありがとうございます!大事に使用します。

2012年1月13日金曜日

シリコンジョウゴ

小物でイイ物を発見しましたので、紹介します。
それは、『シリコーンジョウゴ』なる物。
見たまんまですが、これ、冬山テント泊の経験者ならすぐに分かりますね、かなり使えそう!
ダイソー「シリコーンジョウゴ」。当然100円
「ダイソーで発見した」と教えてもらい、私も急いで買いに行きました。
キッチンコーナーで発見、色は2色ありました。
たたむとコンパクトに収納できます

このように伸ばせます

プラティパスの口にピッタリ!
私自身は広口の折りたたみ水筒(ナルゲン)を使用してますが、プラティパス(口が狭いです)を利用してる会員も多いです。
そこで100均で買ったステンレス製の小型ジョウゴを持ってますが、若干かさばるのが難。
しかし!このシリコン製のジョウゴ、コンパクトな上に広口で、かなり使えるヤツ。
久々に100均のヒット作。
他にシリコン製のコップ、というのもありましたが、こちらはぷにゃぷにゃで、お湯を入れるには心許ないかな?といった気がしました。
しかしホームセンターでもシリコン製のボウル・ザル等がありますので、シリコンシリーズは注目していきたいですな。

浅瀬

平成24年1月15日
今月発売の『岳人2月号』74pにも「シリコンジョウゴ」が紹介されてますね。
形がちょっと違うようですが、ダイソー以外にも売ってるのかもしれません。

2012年1月9日月曜日

【山行報告】上高地トレッキング

上高地のトレッキングに行って来ました。
たまにはこうした『癒し系』な山行(ハイキング)もいいものです。

日時:2012年1月7日~8日
山域:上高地 釜トンネル~上高地~徳沢園
メンバー:浅瀬、中村
 

沢渡の駐車場でタクシーの運ちゃんに「2000円で釜トンネルで行くよ」と言われ、バス代(950円×2名)と変わらないね、とタクシーの客となる。
天気も良くて山行日よりだ。
9:30 さあ中村さん、行きますぞ。「はい、頑張ります!」
工事車両が行き交う釜トンを抜け、除雪された林道を歩く。 


中村さんは釜トンは抜けたことがあるが(昨年、霞沢岳西尾根に行った)、その先は未知の世界。 しばらく行くと大正池が見えてくる。「わー、すごくキレイ!」

除雪は作業林道の方に進むが、梓川左岸も立派なトレース道。
11:30 サクサクと河童橋に到着。
13:15 明神橋を渡り、穂高神社にお参り。今年の初詣です。



15:00 徳沢園に到着。テントを設営します。

晩メシは『ちゃんちゃん焼き』。キャベツ・キノコを大量に持ってきて「今日は2人なんですよ!」と呆れられる。スミマセン(^-^;)ゞ




朝、中村さんのシュラフは足が寒くて眠れなかったとの事。ありゃー湯タンポすればよかったね。
さー帰ろうか。 本日も晴天ナリ。


明神からは梓川左岸の作業林道を歩く。
除雪され陽があたり景色もキレイ。
13:10 釜トンを抜けて、バスを待つ間にタクシーの運ちゃんに声をかけられタクシーに乗る。

2012年1月2日月曜日

【山行報告】白山 美濃禅定道

日時:2011年12月30日~2011年1月2日
山域:白山 美濃禅定道(南縦走路)
メンバー:浅瀬、寺岡、内島

石徹白→白山登山口(C1)
→神鳩ノ宮避難小屋(C2)
→三ノ峰避難小屋付近→神鳩ノ宮避難小屋(C3)
→石徹白


12月30日
林道の取り付きでルートミス
2時間半ロス
除雪車とトレースに騙されてはいけない
正規の林道歩きで6時間
1km1時間ペースのラッセル
すごーく大変
神鳩ノ宮避難小屋までの予定だが、白山登山口にてテント泊
ルートミスがなくてもここでテント泊だったであろう

12月31日
神鳩ノ宮避難小屋までもとにかくラッセル
12時前後に小屋に着く
今日はここまで
前進はしないものの浅瀬と寺岡で母御石まで翌日に備えトレースをつけにラッセル
その間内島は水づくり作業

1月1日
三ノ峰を目指してピストン
一ノ峰を過ぎたころからホワイトアウト
ニノ峰~三ノ峰避難小屋までは完全に視界がなくなる
赤旗をたてながらすすむ
三ノ峰避難小屋は発見できなかった
三ノ峰避難小屋付近で引き返すことに
11時半であった
帰りはほとんど視界がきかない
トレースも消えている
浅瀬さんの読図力でニノ峰まで戻る
時折見つかる赤旗が安堵の印
ニノ峰の下りで往路を外す
復帰しようとしつつも現在地確認ができないまま1700mまでトラバースしながら下降
標高を下げすぎたため登り返す
稜線に出たところで現在地を確認
少し探すと一ノ峰の標識を発見
ルート復帰
プチ遭難だった(汗)
この後時折途切れるトレースをたどって銚子ヶ峰へ
相変わらず視界数メートル
だんだんと暗くなってくるなか小屋を目指す
稜線を外れて樹林帯に入るとガスから抜けたもののラッセルで進みは遅い
日没との戦い
17時過ぎに小屋に着く
長い1日だった・・・
3人が相互に握手を交わす

1月2日
下りは順調
トレースもけっこう残っている
11時半には車に

もっとトレーニングせんなんなと思った山行でした
やばいなと思った山行だったけど、雪山は辞められないとも思った山行となりました

記:寺岡
出発です
石徹白の登山道まで延々×100ラッセル

石徹白の大杉。デカイですねー

神鳩避難小屋です。ちょー快適

2011年最後の夕日です。今年一年ありがとうございました

そして2012年の初日の出。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

三ノ峰避難小屋の近くにいる筈ですが、ホワイトアウトで全く視界が効きません

ヘロヘロになって下山
ルートはこんな感じ。ただし迷った所は反映されてません

セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。 日時: 平成29年6月10日(土) 場所: 倉ケ岳 メンバー: A瀬、S田、T橋、T原   天気予報では10時から雨予報。 ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。 懸垂のバックアップは、ビレイ...