2012年11月25日日曜日

【山行報告】立山 山スキー

日時:平成24年11月23~25日
山域:立山
メンバー:
 23日入 浅瀬、北
 24日入 高橋、崎田
 25日入 福田、内島

毎年11月末の週末は立山詣でと相場が決まっているのです(勝手にきめるんじゃない!)。
ということでメンバーを募り、立山に入りました。

23日 曇
朝一の立山高原バスにスムーズに乗り込み、室堂へ。
室堂では、環境省かな?の方がキャンプをされる方への注意を促されています。
「今は地獄谷の活動が活発なので注意して下さい」
「キャンプを張るときには、植生に気をつけてください」
「携帯トイレをご使用下さい」
そりゃぁそうです。雷鳥沢には多数のキャンプが張られて、それぞれがキジを撃ったら、春には大変なことになりますよね。と言う事でイソイソと携帯トイレを購入いたしました。

室堂を出ると一面のガス、視界がゼロ。分かっていましたが悲しいです。

いつも通り、立山室堂山荘の下から称名川上流に滑り込み、雷鳥沢に向かいましょう。


滑りこむポイントを探ろうと谷を覗きこんだ所で、「ドスッ」と足元に亀裂が走り雪庇ごと崩落!
幸い小さな雪庇で、私は3mほど落ちた所で止まりました。ホッ
視界が無い中で、緩やかな尾根が派生してるように見えたんですが、油断大敵・気の緩みが運命を分かつ事があるのです。注意!注意!
崩落した雪庇。注意!!

その後雷鳥沢に到着し、テントを張ります。
おニューのテント「マキちゃん」のお披露目です。うーん、新しいテントはいい匂いがしますね。

テントも張りましたし、では北さん、一本行っときますか。
視界はゼロですが雷鳥沢なら見当がつきますから。
雪や風が無いので問題なく登っていき、上部の適当な所でドロップイン!
今年の立山は雪が豊富ですねー。
しかもかなり安定しており、底づきをしてしまって『パフパフを楽しむ』雪では無いのがちょっと残念。
それでもほぼノートラックの雷鳥沢を、平衡感覚をクルクルさせながら楽しみました。

24日 晴れ
嬉しいことに今日の予報は晴れです。ありがとう、お天道様!
大走りから真砂岳へ向かいます。
真っ白な雪面にシールを利かせて、徐々に高度を上げ、見える景色がどんどん拡がっていく!
山スキーっていいなー。



上部はカリカリで、クトーでは少々難儀しながら、登山道方面にトラバースして内蔵助カールのコルへ。

スキートレースの無いだだっ広いカールに飛び込め~!

弱層テスト。15cmくらいの所に弱層。20回で剪断。(Moderate)



ふ~、気持よかったですね。
では登り返しましょうか。
と、ここで浅瀬のシールに雪がついてしまって、板にくっついてくれないアクシデントが!
なんとかテープで貼り付けましたが、斜度がきつくなった所でダメ。結局ツボで上がりました。

コルに上がって、あとは大走りの谷を滑ります。
こちらはスキートレースでギタギタです。
確かにいい斜面ですが反対側もちょっと行ってみたら面白いのに。



テント場に到着して、シールを干します。復活してー(願)

などしていたら本日入山の高橋・崎田Pから電話が。
「今、雷鳥沢を登ってる所。こっちからテント場が見えるよー」
雷鳥沢を2本滑って、テントで合流することが出来ました。

25日 快晴
昨晩は少し降雪があり、雪面もうっすらリセットされました。
では雷鳥沢の美味しいところを頂きに参りましょう。

雷鳥沢の右手の尾根を登り、適当な所でドロップイン!
滑降距離は短いですが、なかなかですな。
さらにもう一本真ん中の尾根を上り、滑って、テントを撤収にかかります。




本日入山する、福田、内島Pと合流しないと。
室堂でうまく合流し、荷物をデポし、国見山に行ってみます。


国見山から一本滑ります。
北面にあたるため、雪質は想像以上にいい。これはめっけもんですね。
じゃあもう一本行こうか。
国見山の山頂から地形図を見てみると、北尾根を挟んだ反対斜面も面白そうに見える。
どう?ちょっと行ってみない?と滑りこんでみると、これが大正解!
適度な斜面に雪も良く、歓声を上げながら滑る。
この斜面には岩がいくつか見えたので、例年の雪だととても滑れないでしょうね。
あ~、堪能しました。




ここで今日入った2人は、もう一本滑ることとし、お泊りメンバーは下山することにしました。

報告:浅瀬

2012年11月16日金曜日

ニューテント

今年、購入したニューテント。”エスパース マキシムナノ”ついに正式に命名されました。
その名も”マキちゃん”です。昨日の例会で命を吹き込まれました。
11月23~25日の立山合宿でお披露目です。
 
 
スペック
マキシム ナノ 4-5人用
価格(重量):
    本体            \53,550(1.99kg)
    スーパーフライ \20,580(0.82kg)
     スーパー内張   \13,650(0.44kg)
ーーーーーーーーーーーーーーー
                     \87,780(3.25kg)
                (本体+内張なら2.43kg) 

ナノの長所は
・安い
・積雪期で雨が降らないとわかっていれば軽い
・フライがあると前室ができ居住性がよい
 
事務所にて設営&命名式
テント本体と、フライに「めっこ山岳会 マキちゃん」と記名!
命名の由来は「マキシマム」から、とヒネリも何もない。アシカラズ。
 

2012年11月13日火曜日

北陸三県合同救助訓練

日時:平成24年11月10日
場所:国立立山少年自然の家
メンバー:高橋、浅瀬、崎田、福田、ほか多数

隔年で実施している、北陸三県の救助隊合同訓練です。
本当は雑穀谷で実施する予定でしたが、あいにくの雨・・・
しかも国立登山研修所は予約で一杯。
という訳で近くの「立山少年自然の家」に逃げ込み、体育館を使用させて頂きました。

集まったのは、石川・富山から総勢17名(見学者含む)です。

石川県連ベルクバハト救助隊の高橋隊長の指示の元、
1/3の引き上げと、ザック搬送、ザック担架により引き上げと引き下ろし、
を実施しました。

道具も技術も日進月歩です。
また他県連と合同で行う事で、お互いの意思疎通であったり技術交流が出来る、というのもいいですね。
最初に高橋隊長より説明とお手本です

皆さん熱心ですね

テラスに見立てた台に立ち、1/3引き上げをします。



ザック担架による搬送です

ザック担架による1/3の引き上げです

そしてムンターヒッチを用いた引き下ろしです。

2012年11月12日月曜日

【山行報告】高尾山~吉次山周遊



日   時:11月10日(土曜日)
山   名: 前高尾山~奥高尾山~吉次山周遊
メンバー:三宅(由)


久々の単独山行いってきました♪

天気もまずまずで最高!

奥高尾から紅葉の木々から眺める黒い稜線、下りの紅葉の林のすばらしさ、思いがけない「なめこ」、最後の長い林道歩きは周遊コース用に高圧線用の点検路を使えてトータル4.5時間。

この時期で近場のお勧めコースです♪

今度は雪の季節に訪れたいです~

2012年11月5日月曜日

北陸地区雪崩講習会 『机上』

日時:平成24年11月4日(日)
場所:松任総合運動公園

講師・スタッフ:浅瀬、内島
受講生:福田
ほか多数。

今年も北陸地区雪崩講習会の季節になりました。
机上講習では、基本的なビーコン操作と、「雪崩」の基本的なメカニズムについて学んでもらいます。

晴天に恵まれポカポカ陽気の中での講習。
いいですなー。

白山や立山にはすでに雪が積もってます。
雪山シーズン到来。
皆さん、事故に遭わないように山行には細心の注意と準備で臨みましょう。






【山行報告】乗鞍 山スキー

・日程: 2017年12月3日 ・メンバー: K、K村、M井(フウロ) 先週山スキー消化不良だったKさん、M井さんと乗鞍へ。 Kさんの計画書の目的は「運動の一環」!。 Kさん、M井さんは新しい用具のチェックも兼ねる。 先行者を見送ってマッタリと 8:...