2015年5月24日日曜日

【山行報告】直海谷川 倉谷(沢登り)

今シーズン初の沢登りに行ってきました。


日時:2015年5月23日
山域:白山 直海谷川 倉谷
メンバー:A瀬、O阪

直海谷の入り口ゲートが閉まっていたため、ここに車を止める。
(帰りに見たらゲートは簡単に開けられた)
他に釣り師と思われる車が1台、準備中にもう1台。盛況ですなー。

ゲートから少し歩き、
6:30 倉谷に入渓。
沢に足を入れた途端、「つめてー」。
さすが5月の沢です、冷たいですなー。
などと話をしながらほんのしばらく歩くと早速雪渓のお出迎え。
え、まだ標高全然上がってないんですけど?

その後も雪渓の下を潜ること数度、想像以上に雪が残ってる。
「どうする?」
「行けるところまでとりあえず行こか」

さらに倉谷はゴルジュ地形のため、水につからないと突破できない所も出てくる。
「ひゃーつめてー」、と雄叫びを上げなら腰までつかって抜ける。
夏場なら気持よくドボンできるんだけど、この時期は拷問です。


二股を過ぎると目の前に大滝がドーン!
右手から高巻きをして支沢に下り立ち、本流に戻るとまたもや大滝!
これも右手から高巻きします。

さらに進むと、雪渓がますます増えてくる。

雪渓の上に上がろうと木を掴んでよじ登ろうとした所、その木がずり落ちてきて背中越しに落下。
「びっくりしたー!!」
雪渓の上に不安定に乗っていただけの木でした。危ないです。

9:00 谷は雪でビッシリ

 標高531の辺りで、谷はビッシリと雪に覆われる。
このまま雪に覆われているならサクサク行けるかな?
と思って先に進んでみると、雪が切れた所で両岸が切り立ち下りるにも難儀しそうな雰囲気。
これではこの先、にっちもさっちも行かなくなる事も考え、ここで撤退とする。

同ルート下降も面白く無いので、右手の支沢から登山道を目指す。
支沢を見上げる

ずっと急勾配が続く

この支沢も急勾配の上、所々で緊張も強いられる箇所もあり。
 尾根に突き上げると、うっすらとした踏跡?獣道?に助けられ
11:30 登山道に出る。
あとは登山道をタッタカと下って車に帰着。

セイモアスキー場の温泉「清流(500円)」で汗を落として帰る。

報告:A瀬

2015年5月20日水曜日

【山行報告】北ア 大日岳(バックカントリー)

日時:2015年5月10日
山域:北ア 大日岳
メンバー:A瀬、H三

4月末から個人的に忙しく山に行けてない。
まだ忙しいが、山に行かなければおかしくなる、と前々から約束していた大日岳にバックカントリー(山スキーとボード)に行ってきました。


6:50 称名へのゲートがちょっとだけ早く開いてくれて駐車場へ。
他にも山屋さんがいるが、山スキーを用意しているのは我々だけのようだ。
7:16


7:15 板を担いで歩き出す。
登山道はブッシュに板を引っ掛け難儀しながら登っていく。
この時期は仕方ないね。


7:29
猿の馬場下の雪面が思ったより硬く、ボーダーブーツでは雪面を蹴り込めず相方はアイゼンを履く。
称名滝方面を臨む。ガスが湧いて日本離れした景色です。
やっと雪が出てきてスキーを履く。
そして大日平に出ると一気に視界が開け、大日岳が望め「ヒャーきもちいい~わ~」と2人でテンションアップ!
9:37

10:48

 大日平から頂上へは約1000mの標高差。
体力不足と雪の安定を考えて、不要と思われる荷物をデポ(スコップ、ゾンデ棒、ヘルメット、等)、よし荷が軽くなった。
足取りも軽く、斜面に取り付く。

斜面も適度に緩みシールで問題なく上がっていくが、スプリットボードのH三は太板に難儀しながらついてくる。
上部でジグを切って登っていると、後続のツボ足パーティーに追いつかれててしまう。
この雪ではシールで登るメリットは無いので、板を担いで真っ直ぐに上がる。早い早い。
11:11 まだ二股の手前。この辺りはまだ斜度も緩い

12:15 上部は斜度も出てきます
 シールでは時間がかかるばかり、と板を担いで直登。

13:00 大日岳山頂到着!
12:59

 フ~、大日岳は積雪期に2度目です。
ふと無雪期には来てないという事を思い出しました。今度、夏にでも縦走しようかな。

山頂で相方をしばらく待ちます。
滑りは二股の左股の方を滑ろうかと思いましたが、取り付きまでブッシュを漕がなければならず、
「この植生をあえて踏むのはちょっと、、、」と二人の意見が一致し、登りの斜面に行くことに。

ここで新兵器『自撮り棒』に嬉しそうにスマートフォンをセットするH三。
大丈夫か?そんなん使ってて転けるなよ。
と思ったら早速転ける。
 「足元に注意が行かなかったんでコケました、けど大丈夫です」

その後も『自撮り棒』で撮影しながら下る。

13:45 『自撮り棒』を持って滑る。『GoPro』の方がいいんじゃない?

 途中で尾根をのっこして左股の方へ。
斜面はやや縦溝が見えるが、少しでも滑りやすい斜面を探して滑る。
13:50
大日平でデポを回収し、危うくルートを間違えそうになりながら牛ヶ首まで滑る。
さて、登ってきた登山道をそのまま下るか(間違いが無い)、
雪が繋がっている事を期待して称名の方へ下るか?
今年は雪融けが早いため
「ダメだろうからムリしないでおきましょう」
と話していたが、上から見る限りでは繋がってそう。
となると板を履いた弱みというかなんというか、
「行けるんじゃない?」
 と称名の方へ向かって滑る。

横滑りで石ころを避け、途中で2度ほど板を外し、雪割れを大きく迂回し、最後は細い雪の回廊を利用し、なんとか道路に降り立つ。ヨシヨシ。
あとは観光客の「何あの人達?」という好奇の目を「フフン♪」といなしながら
16:15 駐車場に帰着。
 フ~、楽しかったです。
赤が登り、青が滑り

2015年5月8日金曜日

【山行報告】御在所岳前尾根

御在所前尾根へ行って来ました。

期日⁑5/4-6
メンバー⁑Kさん、Te、Fさん《他会》

4日
KさんとFさんは4日から藤内小屋入り。

5日
2人は一の壁。
下降路やアプローチが悪路だったりでこわいらしいです。

Teは5日から三重出張後に藤内小屋入り
歩荷トレで登らんけど一の壁までは行きました

6日
4:30 起床

6:00 出発

6:30 取り付き

7:00 登はん開始

13:30 櫓取り付き
櫓は登って、トラバースして、下降路より下った
下降路を協力して探すのが、楽しかった
冒険!

14:45 櫓手前のコルよりルンゼ下降。

15:45 小屋着

16:45 下山蒼滝駐車場

その山行があなたの夢へ向かう道なのか?
青春をかける価値があるのか?

問い続けなさいと、有名クライマーさんが言っていたそうです

穂高の岩場、八つ峰など夢が膨らみます









【山行報告】槍ヶ岳、飛騨沢

涸沢岳西尾根の計画が流れて槍ヶ岳へ

先週も白馬主稜が流れた。。


槍ヶ岳 へ新穂高温泉から飛騨沢を通り往復してきました

メンバー: Te、TK(他会)
期日:4/25-26

タイムなど↓
休憩合計
10時間453311時間18
  • S新穂高P05:30
  • 06:55穂高平小屋
  • 07:50白出沢
  • 09:35滝谷避難小屋09:50
  • 10:47槍平小屋10:58
  • 16:20飛騨乗越16:27
  • 16:48槍ヶ岳山荘
2日目:
山行
休憩合計
5時間491時間247時間13
  • 槍ヶ岳山荘05:09
  • 05:27槍ヶ岳山頂05:40
  • 05:59槍ヶ岳山荘06:33
  • 08:02槍平小屋08:17
  • 08:43滝谷避難小屋
  • 10:13白出沢10:30
  • 11:11穂高平小屋11:16
  • 12:22新穂高PG

相方が載せてくださいました

とてもいいトレーニングになりました
出し切りましたが、飛騨沢を詰めて槍が見えた瞬間すべてぶっ飛びました



涸沢岳西尾根(もともとはこちらが計画でした)、いつか行きましょう


iPhoneから送信

セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。 日時: 平成29年6月10日(土) 場所: 倉ケ岳 メンバー: A瀬、S田、T橋、T原   天気予報では10時から雨予報。 ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。 懸垂のバックアップは、ビレイ...