2016年4月30日土曜日

めっこニュース 2016年4月号


雪野山ボルダー

日時:2016年4月20日

妻の実家に顔出しがてら、23日の土曜日に滋賀県東近江市の雪野山ボルダーに行って来ました。
ボルダーは名神蒲生スマートインター脇の横山自然公園内にあり、インターから公園の駐車場まで1分、駐車場からボルダーまで歩いて3分という超お手軽な場所です。
奇特な方がいたら行ってみて下さい。

桜の木脇が「満開4級」、マットの右のカンテ沿いが「横山ノックSD3級」。
他にも初級から中級レベルの課題がいくつかありますが、シットスタートは体が重くなかなか辛いものでした。
3時間だけでしたが誰もおらずのんびり出来ました。

報告:T橋

2016年4月20日水曜日

【山行報告】福井県 黒岩(クライミング)

シーズン始めの外岩クライミングを楽しんできました。
日時:2016年4月16日(土)
エリア:福井県 黒岩
メンバー:T橋、A瀬、K、S田、T原、他1

昨日は初夏を通り越して夏を思わせる陽気。
黒岩はブルーベルや地元クライマーで、草刈り・整備してくれたお陰で快適に登ることができた…感謝!!

丁度、浄法寺山の春山開きで、駐車場は登山客で賑わっていた。
ゲレンデも私達以外にも石川労山のメンバーが集い、更に地元クライマーも多く、大盛況。

ルートは5.8~5.10aまでを5本程度に取り付く。
好調なKさんが登った5.11aは核心の下部の細かいフェースを私達はエスケープしたので、5.10bくらいか?

最初は多少ぎこちなかったムーブも本数をこなすうちに、みんな徐々にスムーズに。
三年間の東京生活ですっかり都会っ子になったT橋くんは暑さにやられ、軽い熱中症に。

次回の課題は人気の5.10cのハングルートかな?

上部駐車場から下る途中、見覚えある顔…と思ったら、小松ブルーベルのS原さん達。
昔あったルートをリボルトし、整備を終えたところだったらしい。ご苦労様です。
グレードは5.10後半らしい…是非今度、トライさせて下さい。





小松ブルーベルの方々がリボルトしたルート。かなり被ってます。

【山行報告】 春山 別山


日時:2016年4月16日(土)
ルート:市ノ瀬-別山 往復
メンバー:T井×2、他1名

市ノ瀬6:24-チブリ尾根小屋9:55-別山12:03-市ノ瀬15:34
積雪量は1カ月少なく、1700m位から繋がる。
山スキーも考慮していたが、別山の春山登山にした。
4月に登るのは初めて。
下りにブルーベルのM津さん他1名と、M中さん夫婦を会う。M中さんとは久しぶりの再会。






2016年4月12日火曜日

【山行報告】奥医王山

日時:2016年410
山域:奥医王山
メンバー:K村

計画通り医王の里から登山道で白はげ経由で奥医王山頂上。
雪は少なく、中尾谷で滑るというボーダー4人にあった。
夕霧峠手前の林の中でテン2匹にあった。
調べてみると、キテンというらしくきれいな黄色でした。
奥医王山頂上には男3人 がいましたが、すぐ下山したのでしばし貸し切りの頂上を満喫
帰路は林道を歩くが、いつものデブリも少なく危険なところはなし。

今回初めてアクョンカメラをヘルメットに装着して録画をしてみたのですが、どのようになっているかはこれから検証します。思ったよりバッテリーを消耗したので想定外でした。

【山行報告】立山 国見岳山スキー

今シーズン最初で最後の山スキーを楽しめました。

日時: 2016年4月10日(日)
山域:立山  弥陀ヶ原〜国見岳
メンバー: 8名 S下、K村、S田、A瀬、T橋、U島、H三、(H多)

概要
アルペンルートの部分開業初日を利用したマニアックな企画。
当然ながらあまり登山者はいないものの、報道関係者が多く思いがけず取材を受ける。
人が少ない立山駅
今年から荷物券が無くなり、変わりにケースに入れる事に。この袋は300円で買える。


沢山の取材の方々。NHKのオネーサンからも取材を受けました。
TVに写りました(笑)



弥陀ヶ原から標高差600m程度のお気楽山行のつもりが、トラバースが長い上、意外とアップダウンもあり結構一生懸命な登りになってしまう。

それでも、弥陀ヶ原から3時間で国見岳に到着し、まだ人気のない室堂と黒々とした剣を眺め帰路につく。
出だしこそは固めだが、それ以降は雪面も荒れておらず快適な滑りを楽しむ。
折角なので帰りのバス時間に間に合うよう登り返し、ゆるくなったザラメ雪にシュプールを刻み、シーズン最初で最後の山スキーを堪能する。

バス時刻が遅い事と。取材を受けたりで出発時刻は遅め

浄土山を巻くように行きます

国見岳の山頂でエグザイルの舞を奉納

快適なザラメにニマニマしながら滑ります


弥陀ヶ原に帰着です。

2016年4月6日水曜日

【山行報告】兵庫県 雪彦山クライミング

日時:2016年4月2日~3日
山域:兵庫県 雪彦山
メンバー:浅瀬、小松ブルーベル3名

M野さんから、「雪彦山行きませんか?」とお誘いがあり、ホイホイ行ってきました。
グレードが高く感じたが、今シーズン初岩を楽しんで「クライミング」スィッチが入りました。
ヨシ、KC行こう!

4月2日(土)
小松インターから4時間30分走って、兵庫県 雪彦山へ。
取付きは登山道から外れ、目指す「温故知新(7ピッチ5.10b)」へ。

今シーズン初のクライミングで初見の岩リードは厳しいなー、とビビリながらロープを伸ばす。
核心の5.10bはフォローでもA0でズル。いかんなー。
山頂からは、2組(50m・60m)のロープをNさんが上手く使い、3ピッチピッタリ懸垂下降。
さすが山岳ガイドです!
夜は、無人のキャンプ場でおでんを囲みワイワイ楽しく過ごす。

4月3日(日)
午後から雨予報なので短い「友人登路(4ピッチ5.10b)」へ。
2P目Ⅳ+リードは、ボルトの間隔が長くてビビる。
3P目5.10bのフォローは逆層の岩に手足も出ず、ロープで吊り上げてもらう。
4P目を登 って怪しい終了点から懸垂下降で下る。

そして車に戻った所で雨、という絶妙のタイミングでクライミングを終え、
雪彦温泉でスッキリ汗を流して帰る。










めっこニュース 2016年3月号


【山行報告】乗鞍 山スキー

・日程: 2017年12月3日 ・メンバー: K、K村、M井(フウロ) 先週山スキー消化不良だったKさん、M井さんと乗鞍へ。 Kさんの計画書の目的は「運動の一環」!。 Kさん、M井さんは新しい用具のチェックも兼ねる。 先行者を見送ってマッタリと 8:...