2016年8月31日水曜日

8月27日 桜ヶ池クライミングと労山祭り

8月27日(土)は労山祭りでした。
しかし集合は夕方。
であれば午前中はクライミングでしょう!
と息巻いていた所、生憎の雨(涙)。
仕方ないです、桜ヶ池クライミングセンターに行きましょう。

壁はややかぶり気味。
腕をパンプさせ、テンションをかけまくって、3時間ほど堪能。


帰って準備し、労山祭りの会場へ向かいます。
幸い天候は回復してきました。

労山祭りの会場は、「和気あいあいの森」

我々めっこ山岳会は、チャムラン山の会に混ぜてもらい、普段食べなれない焼き肉をたっぷりとおいしくいただきました(ご迷惑をお掛けしました)。

主管会の、小松ブルーベル山の会の企画、
フリーマーケット、流しそうめん、ビンゴ大会、等など
で楽しみ、夜はキャンプファイヤーを囲み、他会の方々との交流を楽しみました。





【山行報告】白山 砂防新道~観光新道

会社行事で珍しく平日休みとなりました。
人が多くて滅多に行かない、白山 砂防新道でも行ってきましょう!

日時:2016年8月26日(金)
山域:白山
メンバー:A瀬

朝、倉ケ岳でクライミングの朝トレ(5:20~6:30)をこなし、
平日のため交通規制もなくスンナリ別当出合の駐車場へ。
思ったより車がいます。やっぱり夏山シーズンですね。

8:45 別当出合出発。
空には雲が多く、白山頂上は拝めません。雨が降らなければいいなー、けど太陽が出ていないので涼しくて歩きやすいです。

8:46 別当出合 遅い出発になりました。
9:50 甚之助避難小屋
人も少なく、涼しく歩きやすいですね。
10:26 雪が少なかったせいでしょうか?延命水がチョロチョロ…
10:45 白山室堂 ガスと風で寒かったです。この時までは
11:20 白山山頂
2時間35分で頂上に到着。涼しくて良かったです。
頂上の祠にお参りをして、フ~と一息ついていたら、みるみるガスが晴れて景色が見えてきました。
11:20 白山 御前峰に到着
ガスが晴れて室堂が見えてきました。やっぱり嬉しいですね。
下りは久々に観光新道で下ることにします。

12:21 殿ヶ池避難小屋
建て替えられてから始めてきました。
中は木の香りと、トイレのニオイがします。
良さそうな避難小屋ですが、水が無いんですよね~。
12:21 殿ヶ池避難小屋
下りはテンションが下がり、ペースが上がらずノンビリ下る。

14:00 別当出合に帰着
13:59 別当出合 太陽が出ると暑いです

砂防新道は休日は人でいっぱいになるため、追い越しやスレ違いに気を使わされます。
が、平日はさすがに少ないですね。
といってそんな平日休みなどなかなか難しいのです。

以上

2016年8月24日水曜日

【山行報告】スイス メンヒ(4107m)

日時:2016年8月6日(土)~16日(火)
山域:スイス
メンバー:A瀬、M(ブルーベル)
「夏にスイスに行きませんか?」との魅力的なお誘いにホイホイのり、有給休暇という名の核心を乗り越え約10日間の海外登山を楽しんできました。



8月6日(土)
名古屋空港への道がまさかの事故!
ドキドキしながらも名古屋空港には時間通りに到着。ホッ…
香港でのトランジット約10時間を街にくりだし楽しむ。
展望台から香港を見下ろし
九龍から香港の夜景を眺める


8月7日(日)
スイス チューリッヒ空港に到着!
一路、グリンデルワルドへ!!の筈が
乗る電車を間違え、
途中で2人はぐれ、
電車は事故で停まり、
と紆余曲折を経てやっとグリンデルワルドへ。
キャンプ場「アイガーノルドバンド(アイガー北壁)」というその名の通りアイガー北壁を望むキャンプ場でテントを貼る。
街のmont-bellに寄ってみます。こちらには、めっこOBのK子さんいらっしゃる筈・・・と思って聞いた所、「昨年本社に帰国されました」との事。うーん残念です、お会いしたかったです。
食堂車でカンパイ♪
アイガーとグリンデルワルトの街を車窓から
グリンデルワルトの駅に到着!

グリンデルワルト駅前から。真正面はヴェッターホルン

アイガーノルドバンド=アイガー北壁というキャンプ場。快適です。
寝しなにアイガーを夜間撮影 ミッテルレギ小屋とアイガーバンド駅の明かりが。 SS20秒、f=2.0、ISO1600

8月8日(月)快晴!
朝っぱらからアイガーの眺めが素晴らしい!!
しかし寝てる間に、キツネにテントを破られる。寝る時に食料を袋に入れて足元に置いてあったのを嗅ぎつけられたみたい。悲しい(ToT)
足慣らし(総延長15.5km)と高度順応(最高2681m)を兼ねてトレッキングへ行きましょう!
ルートは、『グロッセ・シャイデック~ブルアルプス』
「これぞスイス!」という景色を堪能できました。
再度mont-bellを訪問し、「リペアシート」を購入。助かりました。mont-bellさまさまです。
ベリリとキツネにヤラれました。翌日からは食料はザックに収納しました。
トレッキングルートはよく整備されています




眺めのいい山小屋でカンパーイ! ビールとチーズがウマイのです

キャンプ場のディナー。coopで買ったパスタ、チーズ、ゆで玉子、そしてワイン♪


8月9日(火)曇りのち雨
ショートトレッキングへ。ルートは、『メンリッヒェン~クライネ・シャイデック』
一瞬晴れた雲間から眺めるアイガーと、眼下の氷河地形に興奮しますね。

そして夕刻から土砂降りの雨。。。
(どうやら寒気が入ったようです)
アイガーがガスガス・・・

雲間からアイガー

氷河が削った谷地形。クライミングエリアがあるらしい。

8月10日(水)曇り時々雨
ガイド(グルンドさん)の車に乗り、ショートルートの登山。
「TIERBERGLI (2797m)」へ
人生初の氷河を体験!
地元山岳会の方々が雪訓(クレバス 引上げかな?)をしている。
どこの山岳会も一緒だなー。
早朝にガイドの車で移動します

登山口。10年くらい前までここには氷河があったそうです

氷河の上をアンザイレンして行きます

頂上に到着。ガイドのグルンドさんと。
地元山岳会?の雪訓。1/2の引上げをしていました。

8月11日(木)快晴
朝一の電車でユングフラウヨッホ駅(3454m)まで上がり、メンヒ小屋で荷物をデポ。
そしてメンヒ(4107m)へ!
ガイドにグイグイ引っ張られ、どんどん前の人達を追い抜き、岩場(簡単)とリッジ(怖い)をこなし、山頂に立つ。
幸い高度障害は出なかった。
天候とガイドに助けられてヨーロッパアルプスの一つに立つことが出来ました。
ありがたやー。
メンヒ小屋に泊まり、おいしい夕食とワインを飲み就寝。
ユングフラウ鉄道。映画「アイガー北壁」でも出てましたね

メンヒ小屋へ

正面の稜線がメンヒの取り付きです

岩稜帯はそれほど難しくない。取り付きが一番イヤラシイ

ナローリッジは結構ビビリました。Mさんは平気そうにスタスタ。
コンテで行きましたが、私にはとても止められるとは・・・。
ビールでカンパイです♪

小屋の夕食が美味しい

8月12日(金)ガス
暖気が入り、山はガスで視界が無い。
気候がクルクル変わりますね。
ユングフラウ(4158m)を目指すも、ルーファイが分からず諦めて下山。
ガイドの方とはここでお別れです。3日間、ありがとうございました。
下界は天気が良く、装備を乾かす。
ガスガスで視界ありません。しかたありません。

下界で天日干しします。

8月13日(土)晴れ
ガイドに教えてもらった近場の「ビアフェラータ」へ。
固定ワイヤーが張られており安全にクライミング気分が楽しめる。
アイガー北壁の気分を少しだけ味わえます。北壁はけっこう脆そう。
本当は専用のギアがありますが、シュリンゲと安環で。

アイガー北壁の端っこを登っていきます。

そして頂上!


8月14日(日)晴れ
帰国に備え首都ベルンへ移動。
世界遺産の街並みを楽しむ。けど暑い!
スイスの首都が「世界遺産」!この街並みを維持しているというのがスゴイですね。

8月15日~16日
帰路につく。


計画したアイガー ミッテルレギ稜(東山稜)は降雪のためダメでしたが、ヨーロッパアルプスに少し触れる事ができ良かったです。
機会があればまた行きたいですが、休みがなー。
丁度、朝方目が覚めたので星空撮影。ペルセウス座流星群で流れ星がビュンビュン流れました。

昴も。

【訓練】石川県連ベルクバハト救助訓練

日時:2017年5月21日(日) 場所:倉ケ岳 メンバー:S下、T橋、S田、T原、U島、A瀬、他多数 石川県連の救助隊、ベルクバハトの救助訓練を倉ケ岳で行いました。 朝、8時に坪野の旧キャンプ場の駐車場に集合し、倉ケ岳に移動します。 それでは先ずは駐車場で、救助用背負子・救...