2017年6月12日月曜日

セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。

日時: 平成29年6月10日(土)
場所: 倉ケ岳
メンバー: A瀬、S田、T橋、T原

 

天気予報では10時から雨予報。
ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。

懸垂のバックアップは、ビレイデバイスの上か?下か?
バックアップに使用するプルージックコードは何が良いか?
ロープ登高に使うデバイスは?
プルージック、ロープマン、KONG社のダック、マイクロトラクション、
等を各々試してみる。

最後に少しクライミングをしている所で、風が強く天候が怪しくなってきた為、撤収。
山を下りて帰宅途中で土砂降りの雨になりました。

2017年6月8日木曜日

山行報告 明神岳・主稜

明神岳を南西尾根と主稜から登ってきました。




日時:2017年6月3日~4日
山域:北ア 明神岳
メンバー:T原、ほか1名

このGWに明神へは東稜から登った。
その時は、主稜を降りる計画であったが、雪や気候の状況から、主稜の下山は諦めた。
山中に水場がなく、水の確保が難しいので、積雪期に行くのが正しいのだろうが、この時期はギリギリ雪があるか無いか微妙。
無かったら困るので水は担ぎ上げる事とした。

初日の行動用の飲料水とは別に私が4.5リットル、合計で7リットルを上高地で確保。一気にザックが重くなる。
岳沢へ向かう登山道を歩き、途中No.7の看板で右側・南西尾根に入る。
倒木などが多く、しばらくは歩きにくい。
予定の5峰下ビバーク地点まで、標高差およそ900mの急傾斜を我慢強く登り、昼ごろに到着。
まだ陽は高く、先に行ける体力は残っていたので、先に進む事にした。
5峰の山頂には噂通り、古いピッケルが立っていた。本峰まで見渡せるが、まだ遠い。
4峰は山頂を通り、ルーファイは問題なかったが、3峰は巻き道が不明瞭で少し迷う。
前日に少し雪が降ったようで、踏み跡が分かり辛い。
方向感覚頼りで進み無事2峰とのコルに着く。
2峰を登るとすぐに、残置捨て縄が掛かった下降支点がある。しかし下を見ると、本峰のコルにずれた場所に降りてしまいそう。まだ支点が無いか探すと、奥にもうひとつ。下を見下ろすと、2つ目の支点が見える。ここから降りる事とする。2度の懸垂で無事に降り立ち、今年2度目の明神山頂を踏む。

すでにガスに巻かれ、展望は無し。気温も0度近くになり寒い。
前回通った時に確認していた、ビバーク地点まで下り、テントを張って潜り込む。
テントの中で火を炊き、暖を取りながら、暖かい物を飲み、生き返った。
しばらくすると、陽が出てきたようで、外を覗くと前穂が大きく、陽を受けて美しく輝いていた。

夜中は風が強く、テントをバタバタと揺らし、何度も目が覚めた。
早朝起床して、下山準備。
奥明神沢のコルに降り、前穂へ登ろうか迷うも、奥明神沢の雪は下まで続いていそうだったので、予定通りそこを降りる。
雪はアイゼンがサクサク決まり、快適に岳沢まで降りる事ができた。
午前中に下山し、ひらゆの森で汗を流し、昼食を食べ、帰路に着いた。

2017年6月5日月曜日

小川山クライミング

八ヶ岳山麓でテント泊。6月というのに寒かったです。

Measure of leg lengs(5.9)


日時:2017年6月4日(日)
山域:小川山
メンバー:T橋、S田、A瀬

夜行日帰りで小川山に言ってきました。
目的は、今年夏に予定している海外クライミングに向けてのクラックトレ!
土曜日の夕方に出発して、八ヶ岳山麓の駐車場にテントを張る。

朝、小川山に移動してクライミングです。
 Measure of leg lengs (5.9)
 ジョイフル・ジャム (5.8)
 サンデー(5.9)

クラックは難しいですなー。

2017年6月1日木曜日

【山行報告】 北穂高岳・東稜

北穂高岳を東稜から登ってきました。



日時:平成29年5月27日(土)~28日(日)
山域:北アルプス・北穂高岳
メンバー:T原、他2

天気予報では、土曜日はあまり良くない予報だったが、行ってみれば快晴。
初日は涸沢までだが、横尾までの3時間が煩わしい。
本谷橋からは雪だったが、ツボ足で登る。ここからザックが重く感じ始める。
涸沢のテントは20張程度。雪面がデコボコで、なるべく良さそうな所を選んで整地する。テントを張って少し昼寝してしまった。
テン場から明日のルートを確認。遠くからでもトレースが見える。東稜取付きの下見をしているパーティーも見えた。

二日目は3時出発。空が澄んで星が綺麗。天の川も見えた。
ヘッデンで歩き、取付き辺りで夜が明け始め、ルートが見えてきた。前穂・奥穂もモルゲンロートに染まる。東稜へ取り付き、稜線付近まで登ると、下に後続パーティが見えた。少し急ぐ。
稜線に乗り、ここから本番。ほどなく雪稜から岩稜になり、アイゼンを減らす。核心の、通称「ゴジラの背中」は北穂沢側が切れ落ちている。これが怖くなければ、技術的にもまったく問題無し。難なくこなしてしばらく行くと、10数mほどクライムダウン。雪が付いていてステップもあり、懸垂せずに済んだ。コルに降り立ち一安心。結局ロープは使わなかった。
北穂山頂に向けて、雪稜を登る。標高が高いせいか、息があがる。
北穂高小屋のテラスに到着。メンバー同士握手して無事を喜び合う。
山頂は大展望。北アルプスのほとんどの山、富士山、南ア、白山も見渡せた。

下りは北穂沢を下降。予定時刻より大幅に早く降りれたので、涸沢ヒュッテのテラスで一服。「あんな所を歩いて来たんだな~」と、感慨深く山を見上げる。

2017年5月24日水曜日

【訓練】石川県連ベルクバハト救助訓練

日時:2017年5月21日(日)
場所:倉ケ岳
メンバー:S下、T橋、S田、T原、U島、A瀬、他多数

石川県連の救助隊、ベルクバハトの救助訓練を倉ケ岳で行いました。
朝、8時に坪野の旧キャンプ場の駐車場に集合し、倉ケ岳に移動します。

それでは先ずは駐車場で、救助用背負子・救助タンカの操作方法をおさらいします。
久々に持ち出した救助用背負子の使い方で迷ったり。
やはり道具は定期的に使わないと忘れますね。




次に、木にロープを掛け、アッセンダー等を用いて人口登攀。
ユマールやロープマン、KONGのダック、PETZLのマイクロトラクション等があればロープの流れはスムーズ。
プルージック等のフリクションノットでは手間取りますね。




それから登山道の急になっている場所を用いて、救助用背負子を用いての担ぎ下ろしをペアを変えながら行います。
最後に救助タンクで登山道を搬送。




以上のメニューで救助訓練を終えました。
その後、反省会を行い、メンバーの意見交換を行いました。
皆さん、お疲れ様でした。

2017年5月23日火曜日

【山行報告】秋山郷 布岩(クライミング)

観光地として有名な秋山郷にクライミングに行ってきました。
日時:2017年5月20日
山域:長野県 秋山郷 布岩
メンバー:T橋、S田、A瀬




秋山郷布岩はマイナー岩場ではあるが、柱状節理が発達した岩場でクラックが出来る、という事でネットで拾った手書きのトポを片手に行ってきました。
前夜発で新潟県津南町に到着。寝床探しで手間どり無人駅にテントを張ると夜中に工事が!勘弁して~

コンビニで朝食をとり、秋山郷布岩へ。
路肩からは観光地にもなっている岩場がドーン!
岩場下の屋敷集落のバス停にはキレイなトイレが併設されてます!

路肩から布岩がドーン! 観光地でもありますのでマナーには気をつけましょう。


足場の崩れるガレを登っていくと(このアプローチは失敗)、右岩壁に。
ここはすっかり自然に還ってしまってて登れない・・・。
改めて中央壁に移動すると、岩場がまだスッキリしてます。


練習岩ハンド(5.8)、練習岩フィンガー(5.8)をトップロープとリードで登る。
どうしてもレイバック気味の体勢になってしまい不安定に。ヨロシクナイなー。



その後、3add2(5.9)の下部をこれもトップロープとリードで。
午前中は陽があたり暑く、T橋クンは熱中症気味。




午後になってくると日陰になるので快適です。
T橋くんはワンポイント(5.10a)を登る。

なんだかんだで16時くらいにクライミングを終え、うっすらした踏み跡を辿って下る。

少し下った先にある「秀清館(500円)」の鉄イオンの豊富な温泉と鄙びた雰囲気がT橋クンがお気に入ったよう。 サッパリ汗を流し、津南町の「ぽぱい」でボリューム満点の定食を食べて金沢に帰る。
秀清館。鉄分豊富ないいお風呂です。

2017年5月19日金曜日

倉ケ岳で朝トレ開始

今年最初の倉ヶ岳の朝トレです。
朝っぱらからロープを結んで登るのもイイもんです。
めっこ 2名、フウロ 2名、チャムラン 1名、と会をまたいで岩トレ。
各自2~3本ほど登って出勤!

2017年5月16日火曜日

【山行報告】南アルプス 仙丈ヶ岳

GW 5月3日~5日(水~金)で仙丈ヶ岳に行ってきました。



日時:2017年5月3日~5日
山域:南アルプス 仙丈ヶ岳
メンバー:U島、K村(元会員)

3日(水) 天候:晴れ
戸台駐車場7:59 -丹渓山荘10:46 -大平山荘12:49 -北沢峠13:33 -長衛小屋(テント場)13:49 (泊)

金沢から順調に戸台駐車場に到着するが、GWにもかかわらずほとんど車が止まっていない。
??と思いつつも、取りあえず、拠点である北沢峠を目指し出発する。
順調に新緑を堪能しながら歩を進める。
途中、下山中の一人と登山道整備? の方々以外は誰もいない。なぜだろうと思いつつも、川を抜け、途中の八郎坂の急登に苦しめられながらも徐々に高度を稼いでいく。
北沢峠を経由し、テン場である長衛小屋に到着。
すると、登りではほとんど人がいなかったのに、テン場は大賑わい…。
これは絶対おかしい…。
小屋に調査に行くと、4/25から北沢峠の手前、歌宿までバスが通っているとのこと。
わざわざ渡渉し急登登り、苦労しなくても、バスに乗ってアスファルトの道を行けばテン場に着けたとのこと… ( _ _;)
…まぁ筋トレになったし!! と開き直り、夕飯のとんこつ鍋を堪能し初日の行動を終了する。


4日(木) 天候:晴れ
長衛小屋(テント場)4:57 -北沢峠5:23 -大滝の頭(五合目)6:44 -小仙丈ヶ岳7:23 -仙丈ヶ岳8:17 -小仙丈ヶ岳-大滝の頭(五合目)-北沢峠10:49 -長衛小屋(テント場)11:01(泊)

雪がしまっている間に登ってしまおう!! との判断で夜明け早々にテン場を後にする。
雪はしっかりしまっていて登り易い。
ワシらは戸台から来たんじゃーーー!!と言わんばかりに、悔しさと恥じる気持ちをぶつけ、先行パーティーをどんどん追い抜いて行く。
そして、結果、樹林帯の急登に苦しめられる…
樹林帯を抜けると、甲斐駒、富士山がバッチリ!!
 写真を撮りまくっていると、K村の、はよ行けよ…の表情…(スンマセン)。

そうこうし、雷鳥に出迎えられ、山頂に到着する。
記念撮影し40分程、富士山や甲斐駒、南アルプスの山々の絶景を堪能し下山する。
案の定、雪は緩んでおり、登ってくるパーティーはかなり苦労しているよう。K村の判断は正しかった…
午前中にメインの山行が終了したため、山荘に売っていたおでんを急遽購入し、酒盛りをする(自分だけか…)。
そして、夕食後就寝。


5日(金) 天候:晴れ
長衛小屋(テント場)6:34 -北沢峠 -大平山荘 -丹渓山荘8:02 -戸台駐車場10:30

出来るだけ、朝の涼しい間に下山ししようと、早々にテン場を後にする。
途中、面白そうなボルダ―岩があり、そこで休憩ついでに1本登る。
クライミングシューズがあると盛り上がりそう…
そうこうしているうちに、駐車場に到着。
入浴後、伊那名物のローメンと鹿ソースカツ丼?を堪能し、GWの渋滞の中、やわやわと帰路に着く。

2017年5月11日木曜日

【山行報告】小川山クラックトレ

夏のヨセミテ遠征に向けてGWは小川山でクラックの特訓。
 
 
 
 



日時:2017年5月3日〜6日
メンバー:T橋、S田、A瀬
山域:小川山

概要
初日の3日は自身の課題であるカサブランカを終わらせるべく妹岩に向かうも、上部で足がぬけ、カムも外れ5メートル程度落ちてしまいました。次回への宿題です。

4日は仕事の都合で遅れて到着したA瀬も合流し、2人の練習が主体となりました。
2人とも朝一に小川山レイバックをレッドポイントし調子良かったのですが、最後に向かったジョイフルジャムで大ハマリ。やっぱり手足ともにジャムが上手く決まっていないようでした。

5日は新調したダブルロープの慣らしを兼ねて南陵レモンに向かいました。確かに3ピッチ目のワイドはスパイスになりましたが登りは割とすんなりでした。
しかし、新しいロープはキンクしまくりで懸垂もロープを木に引っかけてしまうなどトラブル多発。今さらながらロープワークの練習が必要かも…。

最終日の6日は半日の予定で、2日目にハマったジョイフルジャムのおさらいをする。
僕のTCプロを履いたA瀬はプリセットながらリードでトップアウトが出来ました。
どうやら靴が良かったようでした。最後に兄岩で登り残していた最高フレークを登り合宿終了です。

おまけ
川上村のナナーズ隣にカラファテが出来ており、帰りに寄るとジャック中根さんの勧めもあり2人ともTCプロをお買い上げ!さあ、もう言い訳出来ないっすよ‼︎

【山行報告】 富士写ヶ岳

山域:富士写ヶ岳(大内コース)
月日:4月30日
メンバー:M宅由、他大人1人、子ども3人

毎 年恒例となってきている4月の富士写ヶ岳。
今年は初めての大内コースだが、登りっぱなしのコースで子供たちも元気に高度をあげてくれる。
登山道わきには咲き始めの石楠花、振り返れば海まで見えて景色も抜群。
あれやこれや100分で登り切った。
この時期のおすすめ山域、来年は不惑新道にも挑戦したい。


【山行報告】 明神岳・東稜



明神岳を東稜から登ってきました。

日時:2017年4月29日(土)~30日(日)
山域:北アルプス・明神岳
メンバー:K、T原 他1名

明神東稜。明神岳のバリエーションで登っておきたかった1本。
事前に調べたところ、それほど難しくはない。

朝早めの沢渡からのバスで、上高地に入る。
明神館の裏から入山。先行パーティーの踏み跡があり、それを追い、まずはひょうたん池へ。昼ごろから天気予報通り雲ゆきが怪しくなってきた。雪の量も多く、雪質も悪い。
ほぼ全てのピッチでロープを出し、時間がかかる。天候にも裏切られて、横殴りの雪が頬を叩く。
初日にテントを張る予定のバットレス基部に届かず…日没ギリギリで、尾根上の傾斜が緩い所を見つけ、雪を掘り下げ幕営。尾根両側が落ちているので、夜滑落しないようフィックスも張った(笑)

翌朝は快晴。しかし天気予報では悪くなる見込み。雪の具合からも、先行きが思いやられる…
1ピッチ登った所から明神本峰が見渡せた。これからが本番。
雪が多く、支点も埋まって見つからず、ハーケンを打つ事も。
立った岩をガリガリとアイゼンを鳴らして登る。
傾斜のキツイ雪壁は雪が悪く、蹴り込んでも中がグサグサ。
雪の切れ目で足元が崩れヒヤヒヤ。
いつまで続くのだろうと、飽き飽きしてきた頃に、ヒョイと山頂に飛び出した。
風が顔を叩く。
拍手をくれる人も居ない。フゥ~とため息。
無事登り切った三人、満面の笑みで「イェ~イ」とハイタッチ!

予定していた主稜の下降は、時間的に諦め、奥明神沢を降りた。
それでも急な斜面に腰が引ける。背中の重荷も肩に食い込んできた。
天気も持ち、無事に岳沢まで降りて一安心。

2017年4月24日月曜日

【山行報告】笈ヶ岳

笈ヶ岳にジライ谷から登ってきました。






日時:平成29年4月23日(日)
山域:笈ヶ岳
メンバー:T原、ほか1名

久しぶりの笈。
白山ホワイトロードのゲートはまだ開いていないと聞いたので、自転車を持ち込む。
中宮温泉ビジターセンターまで自転車で30分ほど。歩いても45分ほど。それほど変わらない。
ビジターセンターには、同じ考えの人達が多いようで、自転車が並ぶ。

ジライ谷(野猿公園)の尾根取付きで迷う。5年前にも迷った。成長していない・・・
尾根に取付いたら、しばらく急登が続く。心もとないトラロープがぶら下っているが、心もとないので無視。
今年はまだ、雪も多いようで、藪漕ぎが少なくて助かった。
前日の土曜日も人が入っていたようで、トレースも明瞭。ルーファイの必要も無し。こんなに楽して良いのだろうか・・・

雲ひとつない天気だったので、冬瓜平から見える、笈のスカイラインもスッキリ。
冬瓜のナイフリッジは、横に雪が付き、まったく恐怖感も無く渡る。
順調にシリタカ山も越え、予定より少し遅れたが、笈山頂に到着。
標柱と白山をバックに記念撮影。
遠くは北アルプスの山々も見渡せ、気持ち良い。
帰りも時間が掛かるので、後ろ髪を引かれながら下山開始。

帰りはシリタカ山と冬瓜山を巻く。
谷に風も遮られ、日差しも当たり暑い。
下りでは疲れがでてきて、尾根の急な所でスリップする事も。
それでも陽のある内に無事下山。
自転車を漕いで、山を後にする。



【山行報告】湯川クラック

湯川クラック合宿。
まだまだ修行が必要です。

日時: 平成29年4月22–23日
場所: 湯川
メンバー: A瀬、S田、T橋

両日とも、湯川はガイド講習などもあり賑わっていました。
取り敢えずT橋のリードでデケンナー5.8にロープをかけたのですが、2人にとって課題になってしまいました。
原因はハンドジャムがなかなか決められないとのこと。
何度も登り、さらには隣の保科さんの講習を盗み聞きしても解決ならず。
ここに来てクラックの基本につまづいてしまうとは…。
目標に向け、かなりの特訓が必要でしょう。




セルフレスキュー研究会

セルフレスキュー研究会の報告です。 日時: 平成29年6月10日(土) 場所: 倉ケ岳 メンバー: A瀬、S田、T橋、T原   天気予報では10時から雨予報。 ならばと早朝に岩場に集合し、セルフレスキュー研究会を開催しました。 懸垂のバックアップは、ビレイ...