2017年4月24日月曜日

【山行報告】笈ヶ岳

笈ヶ岳にジライ谷から登ってきました。






日時:平成29年4月23日(日)
山域:笈ヶ岳
メンバー:T原、ほか1名

久しぶりの笈。
白山ホワイトロードのゲートはまだ開いていないと聞いたので、自転車を持ち込む。
中宮温泉ビジターセンターまで自転車で30分ほど。歩いても45分ほど。それほど変わらない。
ビジターセンターには、同じ考えの人達が多いようで、自転車が並ぶ。

ジライ谷(野猿公園)の尾根取付きで迷う。5年前にも迷った。成長していない・・・
尾根に取付いたら、しばらく急登が続く。心もとないトラロープがぶら下っているが、心もとないので無視。
今年はまだ、雪も多いようで、藪漕ぎが少なくて助かった。
前日の土曜日も人が入っていたようで、トレースも明瞭。ルーファイの必要も無し。こんなに楽して良いのだろうか・・・

雲ひとつない天気だったので、冬瓜平から見える、笈のスカイラインもスッキリ。
冬瓜のナイフリッジは、横に雪が付き、まったく恐怖感も無く渡る。
順調にシリタカ山も越え、予定より少し遅れたが、笈山頂に到着。
標柱と白山をバックに記念撮影。
遠くは北アルプスの山々も見渡せ、気持ち良い。
帰りも時間が掛かるので、後ろ髪を引かれながら下山開始。

帰りはシリタカ山と冬瓜山を巻く。
谷に風も遮られ、日差しも当たり暑い。
下りでは疲れがでてきて、尾根の急な所でスリップする事も。
それでも陽のある内に無事下山。
自転車を漕いで、山を後にする。



【山行報告】湯川クラック

湯川クラック合宿。
まだまだ修行が必要です。

日時: 平成29年4月22–23日
場所: 湯川
メンバー: A瀬、S田、T橋

両日とも、湯川はガイド講習などもあり賑わっていました。
取り敢えずT橋のリードでデケンナー5.8にロープをかけたのですが、2人にとって課題になってしまいました。
原因はハンドジャムがなかなか決められないとのこと。
何度も登り、さらには隣の保科さんの講習を盗み聞きしても解決ならず。
ここに来てクラックの基本につまづいてしまうとは…。
目標に向け、かなりの特訓が必要でしょう。




2017年4月16日日曜日

【山行報告】白山釈迦岳南西尾根

日時:2017年4月15日
山域:白山 釈迦岳(H=2053)
メンバー:A瀬、(K村)



白山釈迦岳の南西尾根に過去2回チャレンジしてきた。
 2011年4月10日
 2013年3月30日
しかしアプローチの宮谷川林道が長いのと、スノーブリッジを渡る所がイマイチすっきり感が無い。
と思っていた所、昨年、西高山に登った際に対岸の東高山の上部へと伸びる林道らしきラインが確認できた。
しかし地形図には記載が無いぞ?
Googleマップの航空写真を調べると道が映ってる!
どこまで伸びているのは不明ながら、うまく東高山まで上がれれば、キレイな白山釈迦岳へのルートが出来るではないか!
とワクワクしながら計画を立て、新人(候補)のK村さんが「ちょうど白山に行こうと思っていたんです」とご一緒することに。

4月15日
2:30 白峰緑の村ゲート前に集合。
天気予報は悪い、空を見ると月が雲で隠れている。。。
「天気を見ながら判断しましょう」と決行する事にします。
(最近仕事が忙しくて山に行く日が取れなく貴重な山行日なのです。)
自転車にまたがり市ノ瀬の少し手前へ。雪はビックリするぐらい少ない。雪解けが急速に進んでいます。
自転車をデポし、手取川に降りる作業道を使って下りて橋を渡ります。

手取川を渡る作業橋が冬季も落とされていない事は確認済み。
対岸の林道を上がっていきます。
途中の分岐は右は間違い。引き返して左へ。
どこまで林道が続いているのか?と雪に埋もれた林道を探しながら進みます。

結局、西へ西へと進みH=1000付近で林道は行き止まり。
ここから尾根に乗って東高山を目指すが、尾根が藪がひどく難儀させられる。


途中から谷に降りて谷筋から東高山へ。


ここからは雪は繋がってくれるが、天候はいよいよ悪く雨が降り出す。
「どうします?」と相談すると、
「いや、体力トレーニングと割り切って行きましょう!」と心強い答え。

細尾根のアップダウンを過ぎると快適な広尾根。
この尾根、好きなんですが、天候が悪くてテンションが上がらない。
K村さんは元気にガシガシ行くが、私はバテ気味で遅れがちに。



雨の中に雷が光り、雷音も聞こえ始める。
「ヤバイ」
白山釈迦岳はもう目の前だが、雷様には勝てません。
と撤退する事にします。
計画では同ルートの下降でしたらが、丸岡谷の支沢へ行くことにします。
シールを剥いで滑りますが、ガスガスで滑りにくい。
丸岡谷に合流し、しばらくで谷割れも見えてきたので釈迦新道に合流。
GPSを使ってうまく林道に降り立つ。




あとは帰るだけだー、と思ったら林道の橋が斜面の崩落で落ちてるではないか!
しかも斜面トラバースのルートにも、今も目の前に落石があって、イヤラシイ。
K村さんの提案で、堰堤の水流を渡って林道に登りあげる事にします。
兼用靴でバチャバチャ渡ります。当然インナーもビショ濡れです。
あとは林道を滑って市ノ瀬に帰着。
自転車デポ地まで歩き、雨の中自転車をかっ飛ばして緑の村に帰着。
ふ~、疲れた~。。。


斜面が崩落してます。目の前にも石がゴロゴロ
堰堤を渡渉することにします

ジャバジャバと渡渉。インナーもビショ濡れですがもうすぐで外界ですから。

白山釈迦岳の林道は雪解けが早く、行くならもう2週間は早くないと使えないという事が分かりました。
なかなか難しいですなー。

2017年4月13日木曜日

「白山 ライブ映像」のその後

白山 ライブ映像
の時に見えなかった、道路の状況が見えるようになりました。
カメラの角度を戻してくれたようです。
(積雪でずれていた?)

金沢河川土木事務所さん、ありがとう!!


2017年4月10日月曜日

【山行報告】尼厳山 クラックトレ

湯川でクラックの予定でしたが、長野中南部の天気予報が芳しくなく長野北部の尼厳山でクラックとなりました。



日時: 平成29年3月8日(土)
場所: 尼厳山(長野県長野市)
メンバー: K、S田、T橋
目的: クラックトレ

金沢を4時に出て一路湯川へ向かうも、長野県中南部の天気がどうも怪しいということで、松本から北上し、長野市内の尼厳山(あまかざりやま)に転戦する。

南風が流れ込み妙に暖かいためかアプローチでかなりの汗をかく。
岩場では長袖ではあつく終日半袖でクライミングできました。

暑さのせいか、寝不足のせいかいまいち体が重く、
シーズン初めということもありクラックには砂がたまっています。
掃除をしながら登ると、花粉症の僕らはくしゃみと鼻水が止まりません。

尼厳山のクラックは中にホールドがあるなどして純然たるクラック登りにはならないのでプロテクションのセットに意識を集中し、経験の浅いS田さんも地上で練習して、最後にはリードで登ることもできました。

14時30分頃になると雲行も怪しくなり、なおかつ花粉症のアレルギー症状もマックス酷い状態になったので下山しました。

医王山 大池(おおぬま)まで


飽きもせず、医王山に行ってきました。今回は、ピークでなく、トレーニングを兼ねて早春の大池(おおぬま)の状態を見ることを目的としました。
覗休憩所

鳶岩 

雄株?(後方は大池休憩所)



【日時】2017.04.08(土)曇り一時陽がさす暖かいひより
【メンバー】N野(68)、O田(70)
【コース】医王の里~友情の丘の先で駐車(9.20)~西尾平(9.50)~覗(11.00)~大池(11.50~12.30)~地蔵峠(13.00)~覗(13.30)~西尾平(14.30)
                                              
先々週は見上峠から林道を10分ほど入ったところで雪があったが、今回は”友情の丘”まで車が入る。2週間で随分溶けたものだとちょっと驚く。
しかし、西尾平から覗に向かう林道はまだ30~50cmの積雪。雪がなければすぐ覗まで着くはずが、トレースを辿るもゴボり、ゴボり、かなり疲れる。
覗からは、夏道の記憶をたよりに薄いトレース跡をたどるも地蔵峠に下りそうになり、右の斜面をダイレクトに下ることにする。
この時に威力を発揮したのがスマホのアプリ「地図ロイド」、現在地を確認し、一気に下る。
念のため、しばらく使っていなかった赤布を数か所に付けながら1時間で大池に到着する。
誰にも合わないだろうと思っていたが、ビジターセンターから上がってきた解説員研のT氏とバッタリ再会する。先週からセンターまで車が入れる由。
帰路は、地蔵峠を経由して西尾平まで戻る。
”マンサク”は満開、“キブシ”、“キクバオウレン”、”キンキマメザクラ”、”タチツボスミレ”、”エンレイソウ”なども少しづつ開花し始め、いよいよ、お山は春本番である。

反省;「地図ロイド」は確かに優れもの、だがこれだけに頼るのは危険!基本はやはり読図、だが「地図ロイド」、「山旅ロガー」は山行にはもう手放せなくなった。

2017年4月5日水曜日

人口壁でトレーニング


金沢市周辺にはクライミングができる人口壁が沢山あります。
めっこ山岳会では、「月曜倶楽部」を称して、毎週月曜日には金沢クライミングウォールでクライミングのトレーニングをしています。
リード壁とボルダー壁とあり、主にロープを結んでリード壁を登っています。
仲間とワイワイいいながら登るのは楽しいですよ。

【山行報告】 三方崩山(山スキー)




山スキーで三方崩山・大ノマ谷を滑ってきました。

日時:平成29年4月2日(日)
山域:三方崩山
メンバー:S田、K、U島、T原

天気は晴天。今日も日に焼けそう。しっかり日焼け止めをヌリヌリ 。
まだゲートが閉まっている平瀬から、白山公園線を歩き、大ノマ谷の出合いへ。
大ノマ谷は広く明るい谷ですが、南向きなので、雪の状態が不安。
少し登ると、やはりそこはデブリランド…
デブリを縫うようにしてシールで登る。やがて大きなデブリにぶつかり、そこを超えて行くも、その先も絶望的な風景が広がる… 山頂を諦め、ここで滑り降りる事とした。
傾斜もほどほどあり、雪質は日射でほどよく緩み、滑りやすいザラメ。
途中デブリを越えなければならない所もあったが、各自滑降を楽しむ。
ほぼ滑り終えたところで雪質がストップ雪となるが、特に問題無し。
山頂を諦めたので、早過ぎる帰着だったが、しらみずの湯で汗を流し、明るい内に帰る事ができた。

2017年4月2日日曜日

【山行報告】野伏ヶ岳 h=1674











日時:2017年4月1日
山域:白山 野伏ヶ岳(h=1674)
メンバー:T原、A瀬、他3

北陸雪崩講習会のお知り合いと、会社の知り合いとの混成パーティーで野伏ヶ岳に行ってきました。

白山中居神社は、この時期にしては車が少ない。
各自の板は、ファット、ノーマル、クロスカントリー!と多種多様。
林道を5人で歩きはじめ、途中のつづら折りをショートカットしながら進む。牧場跡に出てもガスで野伏ヶ岳は見えない。
池の脇を抜けて、ダイレクト尾根を目指すが、上部で急になってきため板を脱いでツボ足になる。尾根に乗ってしまえば山頂を目指すのみ。
ガスガスの山頂に立つころ少しだけ青空も覗いてくれたが、なかなか天候は回復してくれない。いい加減シビレを切らして滑る事にする。
谷に飛び込み、快適な各自完成を上げながら滑り下りる。ふと振り返るとガスが晴れていた。
「もうちょっと待ってればよかったー」
牧場跡はシールをはって、あとはストップ雪に苦しみながら林道を滑り下る。

【山行報告】笈ヶ岳

笈ヶ岳にジライ谷から登ってきました。 日時:平成29年4月23日(日) 山域:笈ヶ岳 メンバー:T原、ほか1名 久しぶりの笈。 白山ホワイトロードのゲートはまだ開いていないと聞いたので、自転車を持ち込む。 中宮温泉ビジターセンターまで自転車で30分ほ...