2018年4月15日日曜日

【道具】mont-bell タイベック スリーピングバッグカバー

個人的な道具の話になります。
冬山などのテント泊には、冬用シュラフ(「モンベル アルパイン#2」とふた昔前の製品。めっこ山岳会には愛用者が多い。)とシュラフカバーを使用していますが、シュラフとシュラフカバーの間での結露がひどい事になります。
一泊程度ならいいのですが、連泊となるとシットリと濡れたシュラフに潜り込む不快感といったらありません。
という事を山仲間と話をしていたら、「タイベックを使ったシュラフカバーがある」という話を聞きました。
そんな製品があるのか、と調べてみると、amazonで扱っている製品や、自作されている方、またmont-bellで新しく製品が出る、という事が分かりました。

モノは試しと、mont-bellで注文した製品が届きました、と連絡がありましたので早速購入してみました。
mont-bell タイベック スリーピングバッグカバー 5800円+税
 道具インプレッションでお約束ですが、重量を測ってみました。
 156g(カタログ値154g)と軽量です。
ただし、
 軽量で携行に便利なスリーピングバッグカバーです。保水しにくく、寝袋を蒸れや結露から守る適度な透湿性・通気性を備え、快適な睡眠をサポートします。単体での使用はできません。※防水性はありません。(mont-bell HPより)
と謳われており、過度の期待は禁物ですね。
また透湿性は、7,000g/m²・24hrs(カタログ記載なし。別のページを参考にしました)らしいです。

ちなみに、現在使用しているシュラフカバーも測ってみました。
486g、と比較してみると重いです。
20年前のICIスポーツ製(PAINE?)のゴアテックスシュラフカバーです。
カタログスペックは不明ですが、重い分保温性が高いのか、厳冬期でも寒い思いをした事がありません。

早く新しいタイベックシュラフカバーを試してみたいですが、機会があるかな?

と思いながらmont-bellのシュラフカバーのラインナップを見ていると、

ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー

 性能は耐水圧25,000mm、透湿性15,000g/m²・24hrs(mont-bell HPより)

こちらはまだ発売されていない新製品のようですが、

ブリーズ ドライテック プラス U.L. スリーピングバッグカバー

耐水圧20,000mm以上、透湿性35,000g/m²・24hrs(mont-bell HPより)
 など、さらに透湿性の高い製品に目移りしてしまいます。。。

【山行報告】立山 山スキー

H多さんのお誘いを受けて、チャムラン山の会の立山バックカントリーに合流させてもらいました。 日時:2018年4月21〜22日 メンバー:H多、S田、他7名 立山周辺は幾度となく滑っているが、今回は天狗平山荘に泊まっての滑り重視の快適スキーである。 メンバーは、ボーダー5...